リーキーガットな私が飲んでいるプロバイオティクス<ミヤリサン>

リーキーガット症候群

リーキーガット症候群でお腹の不調があった私が取り組んだのは、腸内のカンジダ菌対策やお腹がパンパンに張ってしまうSIBO(小腸内細菌増殖症)を改善させることでした。

次に取り組んだのは、腸内細菌のバランスを良好にすることです。

そのために、プロバイオティクス(腸内細菌サプリメント)を摂ることにしました。

今回は、プロバイオティクス「ミヤリサン」についてのお話です。

スポンサーリンク

プロバイオティクスを飲む前に注意すること

繰り返しになりますが、リーキーガット対策としてプロバイオティクスを飲む際に気をつけたいのは、「SIBO(小腸内細菌増殖症)の状態では使用しない方が良い」ということです。

これは以前の記事でも書きましたが、SIBOでは、腸内で細菌が異常に増えているので、プロバイオティクスを飲んだり、発酵食品、食物繊維を食べることで、余計に腸内細菌が増殖してしまい、かえって症状が悪化してしまいます。

善玉菌であろうと増えすぎは腸内環境のバランスを崩してしまっているからです。

お腹がパンパンに張って不調になる、SIBO(シーボ、小腸内細菌増殖症)とは?

SIBOがあれば、まずはSIBOを改善させてからにした方が良いです。

私はこれを知らずに、SIBOの状態で、プロバイオティクスや食物繊維、発酵食品を多く摂るようにしていたために、ますますお腹が張り、便秘やガスなどで調子が悪くなってしまいました。

プロバイオティクスをいろいろ試してみたけれど・・

通販サイトの口コミや、個人の経験談などを参考に、プロバイオティクスをいろいろと試してみました。

乳酸菌をメインとしたプロバイオティクス商品が多いので、いくつか試すことに。乳酸菌といってもいろいろな種類がありますが、どれも私にはあまり効果がないようでした。

効果は、主に、排便の状態で見ていました。

便秘になるかどうか、排便があってもコロコロとしたウサギのフンのような状態だったり、毎日出なかったり、逆に柔らかすぎたり下痢になったり、こうした状態だと、腸内環境はあまり良いとは言えません。

いい状態は、一般に言われるバナナ状のもの。これが毎日あるのが理想です。

「ミヤリサン(酪酸菌)」が効果あり!

こちらは、通販で購入しました。近所の薬局では取り扱っていなかったので助かります。商品レビューを見ると、長年の腸の不調が改善したという声が多く見られました。

これは「酪酸菌(宮入菌)Clostridium butyricum」という細菌で、酪酸を産生します。

もともと動物の腸内に生息する細菌です。メーカーのHPに掲載されている研究結果では炎症性腸疾患の防御作用、過敏性腸症候群患者の腸内細菌叢の改善、腸管病原性細菌の増殖抑制などについて書いてあります。

また、大腸ガンの抑制作用などあるようです。酪酸菌は、短鎖脂肪酸の一種で、腸の活動を活発にしたり、腸の免疫機能を高める働きがあると言われています。

酪酸菌は、短鎖脂肪酸の一種で、腸の活動を活発にしたり、腸の免疫機能を高める働きがあると言われています。

これを飲み始めると、すぐに劇的な効果というのはありませんでしたが、しばらくするとお通じの状態が徐々に安定してきました。

並行して、レクチン(植物毒)を含む食品を避ける食事療法や飲用水、生活環境の見直しなども行っていたので、全体的な効果が現れたのだと思います。

徐々に排便が毎日見られるようになり、便の状態がコロコロではなく、バナナ状のものがすっきりと、毎日出るようになってきました。

毎日すっきりとした排便があるのは、本当に気持ちが良いものです。

まとめ

プロバイオティクスは、たくさんの種類があるので、どれが自分に合っているかは、実際に試してみるしかありませんでした。

私の場合は、「ミヤリサン」という酪酸菌のプロバイオティクスで効果がありました。これは、炎症性の腸疾患などで効果があるという場合が多いようですので、私と同じようにプロバイオティクスを探している方の参考になりましたら嬉しいです。

関連記事

リーキーガット症候群 私が参考にした3冊の本を紹介します

リーキーガット症候群とは?腸内の免疫バリアが崩れ、全身に様々な症状を引き起こします。

腸のカンジダ菌対策<バイオフィルムディフェンス>

コメント

タイトルとURLをコピーしました