カフェインレスコーヒーとチコリーコーヒーの紹介

カフェインレス生活

コーヒー大好きだった私は、カフェイン断ちをしてから、半年以上断ちました。

カフェイン断ちを続けられるのは、カフェインが原因の不快な症状がなくて快適なことと、代わりになるカフェインレスコーヒーや他の代替になる飲み物があるからこそ。

カフェインレスのコーヒーや飲み物を見つけては、試してみるのも楽しみです。

以前にも、カフェインレスコーヒーをいくつかご紹介しましたが、今回は新たに開拓したいくつかをご紹介します。海外通販サイト・アイハーブや、カルディで購入しました。

なお、味の感想などは、全てコーヒー素人のものですので、ご了承ください^ ^

ちなみに、私はコーヒーの強い酸味や強い苦味は苦手、深煎りのマイルドなコーヒーが好きです。

カフェイン断ちの離脱症状は? カフェインレス生活で、頭痛・浮腫み・頻尿・イライラが解消!

カフェインレスコーヒーとは?美味しいカフェインレスコーヒーの紹介

スポンサーリンク

Mt. Whitney Coffee Roasters ペルー産 デカフェ

Mt. Whitney Coffee Roasters, オーガニック ペルーデカフェ, 粉コーヒー, 12 オンス (340 g)

こちらは、アイハーブで購入しました。豆を細かく挽いたタイプです。

アラビカコーヒー豆

スイスウォーター製法

窒素ガス充填(酸化防止)

USDAオーガニック認証

340gで1200円くらいなので、100g当たり350円ほど。USDAオーガニック認証ですし、コスパはとても良い商品だと思いました。

袋は、ジッパータイプになっていて、炭酸ガスを抜くためのバルブもついているので、開封後もこのまま保存袋として使用しています。

香りは、コーヒーらしい香り。深めのローストで香ばしい良い香りです。お味は、酸味はあまり感じず、苦味も程よく、飲みやすいと思います。

デカフェとしては十分美味しい。

人気のある商品のようで、よく売り切れているので、見かけた時に購入したい。

Organic Coffee Co オーガニックコーヒー ゴリラデカフェ

Organic Coffee Co., ゴリラデカフェ(Gorilla Decaf)、挽き、12オンス(340g)

USDAオーガニック

コーシャ

フルシティロースト、アラビカ豆

スイスウォーター製法

Shade Grown Coffee(自然と調和した栽培。通常は日差しを得るために熱帯雨林を伐採して土地を利用するが、熱帯雨林保護のため伐採しない土地で栽培。通常栽培より収穫量は少なくなる。)

こちらもアイハーブで購入しました。豆を細かく挽いたタイプになります。

こちらは、340gで価格が1350円ほど。100g400円くらい。

デカフェで、USDAオーガニック、コーシャという品質の良さを考えると、コスパ良いですよね。

また、熱帯雨林の保護や労働環境にも配慮した生産を行なっている経営のようなので、購入することで活動を応援できます。

香りやお味は、はじめに紹介した「Mt. Whitney Coffee Roasters」と似ているな、という印象でした。デカフェの中では香りもしっかりありますし、お味も深めでわりとあっさり飲めるので、飲みやすく、美味しいと思いました。

パッケージは、炭酸ガスを抜くバルブがついていますが、ジッパーにはなっていないので、しっかり口をふさぐようにするか、密閉容器に入れ替えて保存した方が良さそうです。

こちらも大抵売り切れているので、見かけたら優先的に購入したい。熱帯雨林は大切にしたいです。

カルディコーヒー 有機デカフェ エチオピアモカ

こちらは、カルディのデカフェです。一杯分、1パック120円でした。

コーヒー豆もグラムで売っていました。200g1080円。私の行った店舗では、注文して取り寄せ販売でした。

有機JAS認定

天然水でカフェインを抽出

一杯ごとのドリップタイプは、パックをセットしてお湯を注ぐだけなのでお手軽でいいですよね。

お味は、酸味が強く、あっさりした飲み心地だと思います。それ以外の香りやお味は、これまで経験のないトロピカルな感じがしました。これは私だけの印象かもしれません。。。

有機で品質も良く、とても人気のある商品のようでしたし、カルディだと身近なので購入しやすさは良いですよね。

チコリーコーヒー(チコリー茶)

Frontier Natural Products, 認証オーガニック ローストしたチコリーの根の粉末、16 オンス (453 g)

アイハーブで購入しました。大容量、453gで1400円ほど。

小さじ1杯で、カップ1杯分なので、しばらく無くなりそうにありません。

こちらは、コーヒーではなく、コーヒーの代替としてよく見かけるチコリーです。

チコリーの根の部分を、細かく粉砕してロースト(焙煎)しています。

フランスなどでは、このチコリーをそのままコーヒーに見立てたり、コーヒーにブレンドするなど、チコリーコーヒーとしてとても人気があるそうです。

USDAオーガニック認証

コーシャ

大きなパックにそのまま大量に入っているので、当面使う量を空き缶に入れて使っています。

小さなツブツブで、香りはとても香ばしく、少しコーヒーっぽいような。。

お茶を入れるように、ポットにチコリとお湯を入れて作りました。

コーヒーのように、真っ黒く濃い色です。

香りは、香ばしく、お味は、たんぽぽ茶に似ていると思いました。ちょっと、ゴボウのような風味も感じます。

私は、このままでとても美味しくいただきました。たんぽぽ茶も好きなので、こういったハーブが好みなんだと思います。

人によってはこのままでは飲みにくく、ミルクや豆乳に入れると美味しく飲めるという場合もあるようです。

チコリーは、イヌリン(水溶性食物繊維)が豊富で、これは腸内の善玉菌の餌になるようで、お腹の調子を整えてくれます。デトックス効果もありますが、その分、利尿作用もあります。

チコリのインスタント商品もよく見かけますが、お味はどうなんでしょう。気になります。

まとめ

私は、カフェインレス生活が日常になりましたが、コーヒーはたまに飲みたいというのは今でもあります。

カフェインレスコーヒーの開拓中なので、見かけると試してみるのが楽しみになりました。

最近では、カフェインレスを取り扱うカフェも増えてきてますし、カフェインレスに関心のある人が増えてきているのだな、と感じます。

私はいずれはコーヒー自体をやめようと思っていますが、ストレスにならない程度にすすめていって、楽しみつつカフェインレス生活を続けていきたいです。

私のようにカフェインレスコーヒーに興味のある方の参考になりましたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました